简体中文 | English | 日本語
品質管理
現在所在位置:トップページ > 品質管理 > 品質管理
新思考は立てて品質管理システムISO 9001:2015標準に合い、環境管理体係を確立して標準に合いISO 14001:2015、職業健康安全システムを確立しOHSAS18001:2007、製品環境システムQC080000:2012を備え、ISOを担当する管理システムのファイル:国際標準、法律、法規、顧客要求定義され、責任と過程従業員のハンド・バック、関連のプログラムファイル、作業指導書及び作業標準を記録/結果.
新しい思考は過程の主要品質に対して比較的に完備している:
1、新品の導入
2 .サプライヤー管理:
2 - 1 .新しいサプライヤーが組織審査メーカー、審査合格合うメーカー、署名秘密協議、評価に合格後、合格サプライヤー名簿。
2 - 2 .合格サプライヤーをa .年度QPAとQSA auditやカウンセリングb .月例品質検討、評価及び改善c.QDCST採点
2 - 3 .新しい金型の承認を確認する必要がa . b .全サイズ測定外観c .トルクd .性能e .強度f.RoHS / HSF資料、試作検証新品の生産歩留まり・承認、RAテスト
3に入ります
IQCにJIS Z 9015-1検査標準Ⅱ;AQL 0 . 4に入料製品検査プロセスによっての規範を厳格に執行し、異常発生制品に対して隔離、返品、廃棄処分、选別するために制定选別限度を現場にエンジニア指導作業、选別後製品検査確認、または検証を経てに品質に影響なしの場合は特採使用
4 .制程の制御
を4―1.整ってIPQC工程保証基準を定め、抜き取り検査制度、首の件の週波数、検査標準、異常処理の流れに沿って、異常警報序列を一覧表に異常深刻度を停止メカニズム。
4 - 2 .工事及びクレーム異常にFA悪い品の分析プロセス:情報フィードバック対策迎撃不良解析対策提出対策効果検証、正す8 d報告、
4-3 .制程に工芸変更、使用製品上のいかなる部品変更、設備、設備パラメータ変更、生産法定人変更、会場変更を変更4M1Eプロジェクトに必要な。
4 - 4 .は定期的に制品に対して信頼性実験して、異常がある時、厳格にRA実験異常プロセス実行
品質の目標:私は工場の品質方針を実現し、質量方針で一緻、以下の全体の品質目標を制定:
a、制品の生産に合格率は95 %に達して。すなわち生産する制品検査室検査の後は、国家の標準に合う製品の数を実際の総生産量の数値を100%から所得。
b、製品出荷の合格率は100%、すなわち生産の製品は経出荷検査合格に出荷できる、未検査や不良品出荷禁止。
c、顧客の満足度は99 %以上に達して。
以上の品質方針と目標を実施するために具体的な措置を実施する:
いち、によって、直接責任を負う生産副総監督の全工場の品質管理仕事、品質担当者と各部門の品質によって職責分担それぞれ責任を負う、全工場の品質審査制度を実行する。
に、強化し、全従業員の品質の教育や業務研修、生産者、検査員が知っている製品標準と関連基準、設備管理者を熟知して設備の各性能。
さん、検査室に厳密に従って「検査規定」を強化し、原材料、生産過程と製品の検査/検査。進工場の原材料、生産プロセスの中で使う消耗品を追うロット検査/検査によって、要件良い検証記録。
よんしよ、強化する生産過程を特にキー工程の品質管理(工程図)を準備し、記録。
ご、強化する生産設備及び施設のメンテナンス、確保の稼働率、と正常の仕事の状態を満たすために生産が必要。
ななしち、強化する製品の品質検査の仕事、未検査と検査不合格品の販売は出荷保証、出荷の合格率は100 %。
はちアフターサービス、虚心に耳を傾け、強化するユーザー(顧客)を反映し、努力は、改善のユーザーのニーズを満たす(消費者)。
著作権所有©新シコー科技株式会社 浙ICP备17028379号